田園調布親睦会
田園調布親睦会館
 
防犯・防災・交通安全活動
 
 

防犯・防災、交通安全活動


平成28年12月3日  防災講習会・初期消火訓練

震災時、火災時、まずは自ら消化することが大切です。
家にはあるけれど消火器の使い方がわからない!
町会にあるスタンドパイプって、どうやって使うの?
田園調布消防署のご協力によりスタンドパイプ体験と
消火器の使い方講習を行います。
これに先立ち家屋の「応急危険度判定」のお話も
あります。参加の方にはお土産も用意しています。
ご家族お揃いでご参加ください。

講習 : 10:00〜10:30  親睦会館にて 「応急危険度判定について」

休憩、移動、準備 : 10分間  2丁目12/13の間の路上消火栓付近に移動

訓練 : 10:40〜11:30  消火器の取り扱い、スタンドパイプ訓練 
               この間、この道路は通行止めとします。


平成28年7月17日  防災講習会・「東京防災」学習セミナー

  • 開催時間       13時半〜15時
  • 場所   親睦会館 1階会議室
  • 講師   戸澤公彦氏
  • 第1部 『東京防災』を活用しての講義
          ・大震災シミュレーション
          ・今やろう防災アクション          
  • 第2部 要配慮者・避難行動要支援者への対策
          (ディスカッション形式)

    近隣の方、地域の方、町会はどのような支援ができるでしょうか?
    また、要配慮者とその家族が日頃から準備しておくことは?
    災害時に必要な支援について、みんなで考えましょう。

  • 東京都発行の『東京防災』ハンドブックをご持参ください。
    お持ちでない方は会場でお貸しします。
         
  • 詳細は「防災セミナー」をご覧ください 。

平成27年12月5日  防災講習会・初期消火訓練実施結果

  • 開催時間       午前10時〜11時半
  • 講習会   場所   親睦会館 1階広間   45分程度     
    消防署より危機管理の専門の方をお招きし、いつ来てもおかしくない大震災への
    基本的な日頃の備えについて、都から配布の冊子「東京防災」をもとに学びました
  • 訓練 45分程度  消防署の指導員から、初期消火の基本として消火器の正しい
    使用法、及びスタンドパイプの使用法を学びました。路上の消火栓の蓋を開閉して
    ホース着脱の訓練も行いました。40名近くの参加者がありました。

6月15-19日  地域安全運動(署独自)

親睦会館前に詰所開設、ポスター掲示、広場前、六間道路に幟を上げて注意喚起、
警察、防犯協会の巡回激励を受けました。


H27年5月31日

田園調布消防団消防操法大会に参加

場所:下丸子清掃工場
第1分団(田園調布特別出張所管内9町会)消防団員として田園調布親睦会から5名参加


平成26年12月7日  防災講習会・初期消火訓練

  • 開催時間       午後2時〜3時半
  • 講習会   場所   親睦会館 1階広間   30分程度     
    区役所本庁より危機管理の専門の方をお招きし、いつ来てもおかしくない大震災への
    基本的な日頃の備えについてお話を頂きます。
  • 訓練    場所   消火器 :       会館前広場
    スタンドパイプ :    路上消火栓(2-9-18)付近
    消防署の指導員から、初期消火の基本として消火器の正しい使用法、及び
    スタンドパイプの使用法を学びます。
    スタンドパイプは区から全町会に無償配備され、大震災での火災発生を住民自ら協力して防ぐためのもので、訓練が必要です。

  • 雨天の場合   訓練中止  講習会のみ(1時間弱)

   参加申込は会館事務所まで     電話&fax  03-3721-3407 (月、水、金 
                                           09:00-16:00)
                           e-mail   info@shinbokukai.net


6月28日

防災講習会

第一部 13:30-15:00 救命救急入門コース
AEDの使い方、心臓マッサージなどを田園調布消防署の指導で学びます。
第二部 15:00-16:00 家具固定方法講習会
地震の時に怖い家具の転倒。具体的な家具固定方法を学び今から家の中を安全にしておき
ましょう。なお、当日10時より会館事務所の家具固定を行います。講師による実践を是非ご覧に
なってください。
   お問い合わせ、お申込みは親睦会事務所までお願いします。3721-3407

6月10-14日

地域安全運動(署独自)

親睦会館前に詰所開設、ポスター掲示、広場前、六間道路に幟を上げて注意喚起、
警察、 防犯協会の巡回激励を受けた。


H26年5月26日

田園調布消防団消防操法大会

場所:下丸子清掃工場
第1分団(田園調布特別出張所管内9町会)消防団員として田園調布親睦会から5名参加、選手参加は
なかったが、4位の好成績だった。


H25年12月1日

防災講習会とスタンドパイプの訓練

消防署職員による大地震への備えとして初期消火の重要性、自助、共助、公助等についての講演と、
スタンドパイプの取扱説明を受け、移動して路上の消火栓を使用して実際にスタンドパイプを使用して
放水訓練を行いました。放水訓練や消火栓の中を見たのは初めての方が多かったと思います。35名の
参加がありました。大震災による広域激甚災害では、消防車、救急車の救援は期待できません。
近隣の方達で協力して初期消火に努める必要があります。今後、消火栓の場所を変えて、逐次同様の
訓練を実施していく予定です。


11月9日

学校防災活動拠点訓練

学校の避難所から防災活動拠点への移行にともない、今までの田園調布中学校避難所運営協議会
メンバー(学校、二丁目会、清交会、親睦会の三町会)を中心に、四月から検討を重ねてきました。

新たな編成として本部と総括班、避難所班、情報班、地域活動班の四つの班構成とし、それぞれの
役割を明確化、担当人員配置を決めました。まだまだ、人員が不足しており、ご協力いただける方の
参加が必要です。

まず、メンバー自身の訓練が必要なことから住民参加なしで、避難所の開設準備の訓練を実施しました。
この結果、問題点が多数浮かび上がり、さらに検討を加えて来年度の住民参加の訓練に備えることに
しています。


9月22日

市民消火隊ポンプ操法発表会

大森七中にて、晴天に恵まれ近隣21自治会の市民消火隊が参加し開催されました。D級ポンプ隊の
発表後、C級ポンプ隊の5番目に親睦会は鵜木西町会と共に操法発表を行い、気温の高い中、銀色の
防炎服姿で日頃の訓練の成果を発揮しました。

   スタート前の準備                    的をめがけて放水

ssyouka   


4月6-15日

春の大田区交通安全運動(全国)

福徳商店街振興組合事務所にて詰所開設、ポスター掲示、幟を上げて注意喚起警察、交通安全協会
の巡回激励を受けた。


H25年3月6日

消防署長から感謝状

池上会館での「防火の集い」で、森國安市民消火隊長(ティージュ社長)が功労表彰、親睦会が6年間
無火災町会、及び防火防災思想普及町会としてそれぞれ感謝状を頂きました。


H24年12月26-31日

特別警戒 夜間防犯・防火パトロール

親睦会館に詰所開設、21時22時半の2回拍子木を打ち鳴らし夜警を実施、警察署、防犯協会、消防署、
火災予防協会の巡回激励を受けた。


11月10日

防災講演会とスタンドパイプの説明会

区役所から危機管理の専門家をお迎えして、東京都の新たな被害想定によるこの地区の被害と対策に
ついて、大変有益なご講演をいただいた。また、被害想定の詳細なデータ等の資料、区の取組説明、
我が家の防災対策等貴重な資料の配布があった。その後、会館前の消火栓を使用しスタンドパイプの
説明を消防署の指導員から受けた。 格納庫の鍵を開け取り出し方、運び方の指導から消火栓の蓋の
開閉、 放水口の開閉、スタンドパイプの取り付け方など一通りの説明を受けた。


講演会場の様子                    会館前の消火栓を開けての説明

       


10月11-20日

全国地域安全運動

親睦会館に詰所開設、ポスター掲示、広場前、六間道路に幟を挙げて注意喚起した。警察、防犯協会の
巡回激励を受けた。


10月6日

避難所訓練(3町会合同)

場所:田園調布中学校

住民主体による初期消火訓練を中心とした。プールを利用し、消防ポンプの始動停止、放水訓練および、
校門前道路の消火栓を利用してスタンドパイプの取付、使用方法の訓練を行った。最後に応急救護
(AED)訓練を行った。
運営協議会のメンバーによる避難所開設の検討、今後の方向検討などを反省会で議論した。

   

訓練開始のあいさつに集合した参加者        模擬の消火栓を利用してのスタンドパイプの説明

スピンドルドライバーの使用

校門付近の消火栓を使用して蓋の開閉訓練を実施、
蛇口の開閉指導を受けた

付属のホース等を使用、給水車からの水で放水訓練

 

C級および、D級ポンプの始動停止訓練、並びにプールの水を  ポンプで組み上げ、放水訓練を実施した。




9月21-30日

秋の大田区交通安全運動(全国)

親睦会館に詰所開設、ポスター掲示、幟を上げて注意喚起、警察、交通安全協会の巡回激励を受けた。


6月15-20日

地域安全運動(署独自)

親睦会館前広場に詰所開設、ポスター掲示、広場前、六間道路に幟を上げて注意喚起、警察、防犯
協会の巡回激励を受けた。


5月27日

田園調布消防団消防操法大会

場所:下丸子清掃工場
第1分団(田園調布特別出張所管内9町会)消防団員として田園調布親睦会から5名参加、内1名は選手
として参加(各分団選手5名構成) 昨年は雨天、今年は五月晴れだった。


4月6-15日

春の大田区交通安全運動(全国)

福徳商店街振興組合事務所にて詰所開設、ポスター掲示、幟を上げて注意喚起、警察、交通安全
協会の巡回激励を受けた。


H24年3月7日

消防署長から感謝状

池上会館での「防火の集い」で、石井市民消火隊長(毎日新聞販売所)が功労表彰、親睦会が5年間
無火災で表彰された。


H23年12月26-31日

年末特別警戒 夜間防犯・防火パトロール

福徳商店街振興組合事務所にて詰所開設、21時22時半の2回拍子木を打ち鳴らし夜警を実施、
警察署、防犯協会、消防署、火災予防協会の巡回激励を受けた。


11月5日

避難所訓練(3町会合同)

場所:田園調布中学校

起震車による振動体験、煙からの避難体験、初期消火訓練、応急救護(AED)訓練、家具転倒
防止器具展示を見る等して、防災への備え、防災意識を高めた。


10月23日

大田区内消防団合同点検

場所:大井ふ頭中央海浜公園に区内4消防署傘下の全消防団員が参加しての大イベント。


10月11-20日

防犯運動

福徳商店街振興組合事務所にて詰所開設、ポスター掲示、幟を上げて注意喚起、警察、防犯協会の
巡回激励を受けた。


9月21-30日

秋の全国交通安全運動

福徳商店街振興組合事務所にて詰所開設、ポスター掲示、幟を上げて注意喚起、警察、交通安全
協会の巡回激励を受けた。


7月20日

防災市民組織結成

理事会にて防災対策委員会規約を定め、区に防災市民組織結成を申請し、8月23日付で承認された。


6月13-22日

防犯運動

福徳商店街振興組合事務所にて詰所開設、ポスター掲示、幟を上げて注意喚起、警察、防犯協会の
巡回激励を受けた。


5月29日

田園調布消防団操法大会

場所:下丸子清掃工場
第1分団(田園調布特別出張所管内9町会)選手として田園調布親睦会から1名参加(各分団5名構成)




5月11-20日

春の全国交通安全運動

福徳商店街振興組合事務所にて詰所開設、ポスター掲示、幟を上げて注意喚起、警察、交通安全
協会の巡回激励を受けた。